インプラント治療

歯科医の器具

インプラント治療の歴史

最新歯科技術である「インプラント」治療が本格的に行なわれたのは、1970年代ごろです。この治療方法が日本に普及してからは、30年以上経過しています。現在の「インプラント」治療が普及するまでには、様々な研究・開発が重ねられてきました。とりわけインプラントの材質については、多くの金属で実験が行なわれました。その結果「チタン」が最適な材質であることが判明し、現在では多くのインプラントがチタン製になっています。このチタン製が開発されたことで「インプラント」治療が急速に普及し、今日に至っています。 「インプラント」歯科治療は、歯を失った場合の選択肢の1つになってきました。多くの方が選ぶ治療方法になり、今後もこの傾向は一層顕著なものになると考えられています。

最新歯科技術による「生活の質改善」

「歯」に対する意識が高まる今日、「インプラント」治療をうける方が増えてきています。「入れ歯」や「ブリッジ」治療で感じていた不便さから解消されるだけではありません。再び「食べる」ことの喜びを感じることができ、豊かは表情を取り戻すことができます。生き生きと日常生活を過ごすことにつながります。生活全般の「質」をあげることができ、全身の健康へと導いてくれるのです。 今日「インプラント」についての情報があふれ、簡単に手に入れられるようになってきました。利便性に富む一方、不必要な情報に惑わされるケースも増えてくるでしょう。安心して「インプラント」治療を受けるためにも、まず、歯科医としっかり相談することが必要なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加