80%まで回復

笑顔の医者達

最近はインプラント治療を行うクリニックが多くなったきました。そこでインプラント治療の流れについて説明します。まず、身近になってきたとはいえインプラント治療は手術を伴う治療法です。なのではじめには口内の状態を調べます。具体的には現在残っている歯の状態や、レントゲン等を使って顎の骨格や大きさなどを調べます。口内の状態を確認したら医師から患者に対し治療計画や費用、必要な期間などの説明があります。患者がこれらに同意したら本格的な施術が開始されます。1回目の手術では歯肉を裂き、骨を露出し器具を使い穴をあけます。そしてその穴にインプラントの土台部分を入れて縫合。3?6ヶ月後に土台と骨が結合したら2回目の手術です。この手術で埋めた土台に人工歯を取り付けて治療は終了します。

インプラントが人気の理由はなんでしょうか。抜糸などで歯を失った場合の手段としては入れ歯やブリッジを使用する方法もあります。しかし入れ歯は装着部分の金属が見え隠れする恐れがあり、ブリッジも安価の金属製では審美性が損なわれてしまいます。また両者とも噛む力が著しく低下してしまいます。それらに対しインプラントは土台部分が骨と歯肉に埋まっているので高い審美性を保つことが出来ます。また噛む力も健康な歯に比べ、入れ歯が10%?40%。ブリッジが60%程といわれています。しかしインプラントは実に80%まで回復するといわれています。インプラントは土台部分が直接骨と結合しているので、高い安定性を示し噛む力も強力になるのです。このようにインプラントは他の代替法に比べ、優秀な審美性と高い機能をもっていることが人気の理由なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加